友人同伴のデメリット


どんなに良いと思われることでも、デメリットはあるように友人同伴の合宿免許のデメリットもあります。どういったことがあるか、ご説明致します。

まずは、ギリギリの申込だと希望通りに友人と一緒の予約が取れないということがあります。これは仕方のないことでしょう。どうしても定員というものがあります。こういったことを避けるためには早めに申し込むことが大事です。

また、教習所によっては部屋が一緒でも受講全てが一緒ではないという事もあります。これもその受講者の定員にもよりますから、仕方ないです。部屋が一緒であれば、良いと思いましょう。その他にたとえば、二人で行って差が出てしまうということもあるでしょう。どちらかが先に免許取得できてしまい、なんとなく気まずいと言ったこともあるかもしれません。でも、こういったことはありがちですから、友情でカバーしましょう。誰でも得手不得手はありますし、それを踏まえた友人でしょうから、後ほど、笑い話になるでしょう。

それから、考えられるデメリットは友人同士で行くとその場での新しい友人が出来にくいという事がありますが、これも心をオープンにしてグループ同士で仲良くなるなど、工夫してみると良いでしょう。せっかくの機会ですから、友人と一緒に新しい友人を取得できると思えば楽しい合宿になります。このようにして、デメリットを踏まえ、友人と楽しく過ごしましょう。